2016年1月20日水曜日

万美術部1.16☆報告

新年はじめの万美術部です。

2016年1月16日(土)14~17時

墨   





年があけて、こどもたちは
またすこし大きくなっていました。

年始の抱負や希望

したためた詩

手形ぺたぺた

描ける書けることが嬉しい
という感じが伝わりました。



新聞紙をまるめて筆のかわりにつかっています。






右)うーんと考えているりぼんさんと
左)久しぶりに参加してくれたナガイクン。
山の方から
自転車できてくれました。
手前)改名したtomoさん。






奥はもかちゃんが「むぎ茶」
手前はたっきーさんが足で「花」






たっきーさんが楽しみにしていた
くうもかちゃん・なぐもかちゃんの文字で
新年の屏風。
昨年は「あいうえお・・・・ん」
今年は数字です。






くじゃさんは尊敬する人から
言われたことを気にしているようす。
無の次はなにがくるのかな。






ナガイクンは、かきためた詩を。






たいちゃんは色紙に書き初め
①料理
②手芸
③テニス
④ソーランしぶしぶダンス








左からりぼんさん、くじゃさん、tomoさん







床の間に飾ってあった
たっきーさんのお父さんのお習字。
かっこいいですね!
寡黙なお父さんだったそうです。



たっきーさんは足で書きます!
足の指に筆を挟んで「春」





あした筋肉痛だよ、とか
足つっちゃうよ、とか
みんな心配しながら笑って見守りました。
無事に朱で「春」がキマリ
足をさするたっきーさん。
こういうのってなつかしの親戚の集まる
お正月の風景って感じじゃあないかな。


たっきーさんは
はきふるした靴下を用意して
「これはいて書いたらどうかな?」と
準備してくれていました。

昨年末に参加した
考えるところがあったそうです。

ふとっちょソックスは
参加者がそれぞれに意見を言ったり
それぞれのやり方で参加をしたり
それをAIR P.A.I.※のメンバーが
うけとめながら成立している場であった。
パフォーマンスにしても
AIR P.A.I.は障がいのある人たちといっしょに
活動してきていることを考えると
美は技巧ではなく、コントロールできないことに
魅力があると思っているのではないか、と。
だから、制御しがたい足で描く
ということをやってみたらどうかな!!

とのことです。


※百、りぼんさん、トミイはAIR P.A.I.メンバー
AIR P.A.I.代表は風姫さんです


さて


お赤飯やおかしを食べつつ発表!
16名でわいわい。

くじゃさんの書き初めは「極力無言」でしたね。





金屏風、銀屏風が搬入されて
にぎやかな展示風景です。



くうもかちゃんのししまい


中にはちゃんと人がはいっている!






なぐもかちゃんはおじいちゃんと
いちご狩りにいくのを楽しみにしているそうです
いいですね




ナガイクンは詩を朗読。
『アフター四五(フォーティーファイブ)』
『コーヒー』

こどもたちも静かに聞いていました。
ちゃんと、そういう時間だっていう
ことが伝わるんですね。

聞き終わったあと
たいちゃんは元気よく手をあげて
「すごく感動した!」と感想を伝えてくれました。
見学の岡野さんは普段は詩の朗読を
聞くのは好きではないけれど、
ここでみんなで聞くのはいいものですね
とコメントくださいました。
じんわり。
(詩をすべて読んでみたいわあという方は
百石企画までご連絡ください。)





くじゃさん
今年もすてきなメロディー楽しみにしています。



 りくくん 
「仮面ライダー」描いてくれました。





ざーーんねんながら書いているところの
写真が撮れていなかった
しーちゃんの書き初め
瞬発力!

しーちゃん
「人生は迷路!それでも
自分の足で歩かないとならないから。」



て、てて、てんこもり過ぎる1月。

みんさんありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。


2016年2月20日(土)14~17時
参加費¥1500
(お茶・お菓子ついてきます)

 


さあ、ごいっしょに


0 件のコメント:

コメントを投稿